「ほっ」と。キャンペーン

妄想と現実<箱女U>   

2010年 10月 04日

ハッチーさんの
♪ ありがとう、ってつた〜えた〜くてぇ〜〜♪(ぱ、ら、ら、ら、らん)
を30回くらい口に出して読んで、やっとそのメロディー「あ、もしかしてこれか?」が思い浮かんだ、なんか軽く非国民みたいな箱女です。日本大好きです。

前の部署・シチーリビングにいた時、あの女房女優さんに単独インタビューする機会がありましたよー。
157の私が7センチ靴で挑んだところで勝負にならないスラッとした長身で、
お顔立ちはお人形のように整っていて、
一つひとつのパーツをじーっと見ても完璧で、
その瞳の放つ光はまっすぐで吸い込まれそうな美しさ。
お話しされる様子も、さっくさく。
スピードが早くて無駄がなく、頭の回転の早いこと!
しかも品がよくて、感じもよくて
…それはそれは、完璧なお方でした。
1日だけでいいから彼女になってみたいなあ。
うわあああ、想像しただけで、フゥ!です。

さて、現実世界の私にはもうすぐ2歳になる娘がいます。
娘ちゃんのおことばが毎日すこーしずつ増えるのが楽しいこのごろです。
今日初めて話していたのは「こっきー」←ひこうき。「あし」←ほし。

d0159829_21381863.jpg
先日はガー子のいるお外カフェーでぼんやりコーヒーをすすりに行きました。
ガー子ちゃんたちはレタスが好きでした。

オチがないけど、チャオ〜。
[PR]

by livifuku | 2010-10-04 21:40 | 編集こぼれ話

<< とりとめもなく…<MITSU> 毎日がおもてなし<ハッチー> >>