「ほっ」と。キャンペーン

〜私的ブックオカ 前編〜 <ハッチー>   

2010年 11月 01日

d0159829_18144632.jpg

かぁぜ〜たち〜ぬ〜♪ い〜ま〜はぁ、あきぃ〜♪


こんばんは。
今は昔、上司チームとカラオケに行ったとき
「目をしっかり閉じたら、聖子ちゃんがおるで!」と褒めていただいた(?)経験を持つハッチーです。
以下、久留米が生んだシルキーボイスにて脳内再生してください。

さて、皆さん秋の夜長をいかがお過ごしでしょうか。
今日のブログは私がネタ切れのため
11月21日まで開催中のブックオカに合わせて、そしてイケメン作家・斎藤氏誕生を記念して
リビ福編集部員から「秋に読みたいおすすめの一冊」をご紹介します。

===


「やまんば山のモッコたち」
小さいころ大好きで、大人になってからまた買い直した本。
森に超おいしそうな木の実がなっているんですけど、その実をつぶしてもちを作ったり、
実を木のうろに入れてお酒を作ったり。私、おいしそうなものが出てくる本が好きなんだなと気付きました(談)

===



秋っぽい本と聞いていちばんに思い出したのは、よしもとばななさんの「デッドエンドの思い出」の表紙。
でも、いまストーリーが思い出せないんですよね(え?)。あとは「モチモチの木」とか「食堂かたつむり」とか、料理が出てくる本は私も読んでます(談)

===



「魔女の宅急便 完結6冊セット」。私もキキも母になっちまったなぁ〜(遠い目)

===

…いつのまにキキは母になったんですか? びっくりです。
そのほか、こばっぷるは横山秀夫さん、城クマ子は村上春樹さんをよく読むようでした。
読書傾向っておもしろい〜。

ジジならぬ、黒猫ジュウザを愛する私ハッチーは
「猫にかまけて」(町田康)と「愛しのチロ」(荒木経惟、写真集ですが)をおすすめします。
みんな猫好きになって、でろんでろんの骨抜きにされちゃって!

では、続きはまた今度。
[PR]

by livifuku | 2010-11-01 18:25 | 編集こぼれ話

<< リベンジ! ビール祭り! >>