ラーメンと大原松露饅頭   

2012年 03月 15日

 先ほどキャナルシティのラーメンスタジアムへ試食会に出かけて参りました。3月16日にオープンする「鹿児島ラーメン 豚とろ」と「油そば・まぜそば専門 上村敏行商店」の2軒に、既に2月にオープンしてた「レトロ門司港ラーメン 太平山」を加えた3店舗が本日の試食会の対象店舗。
 一緒に行ったのは、数日前にブログに久々に復活した、犬バカの新米ママ部員。広報の人の「3種類を半分ずつで食べると3食分行けますよ」という警告にも耳を貸さず、1軒目も2軒目も普通に1杯ずつ食べる大食いチーム。さすがに3軒目の油そばはトーンダウン。2人で1杯(それでも食べるのか!って感じですね)。いやはやどのお店も博多のとんこつラーメンにない個性がぎらついてました。
d0159829_1442319.jpg

d0159829_14424651.jpg

d0159829_14425612.jpg

器のno soupが気になります。なにせ私の座右の銘は「no soup no life」なので。
ええ、そして今、会社で猛烈な膨満感と眠気と戦いながら、大切な帰校作業にとりかかっております。

 ちなみに昨日はホワイトデー。エビならぬオキアミで鯛を釣ってると悪評ぷんぷんの編集チーム。今ちょっとしたお返しバブル状態です。10数人でまとめて買ったチョコに対し、一人一人に箱チョコをくださるK部長、一人一人にきれいなショートケーキをくださったI部長、おしゃれなロールケーキをくださったもう一人のK部長、個包装という気が利くチョコレートショップの逸品をくれた営業のA氏…来年はオキアミを芝えびくらいにアップグレードします! すみません。

d0159829_14414731.jpg


ただし、一番上に乗っている大原松露饅頭はよもやの返還希望。昨日一緒にご飯を食べた人から、「出張で行った京都土産の八つ橋ですが、あげるつもりだった人が持って帰り忘れたので、賞味期限切れそうなのであげます」ともらったはいいが、どう見ても「大原松露饅頭」。外袋だけならまだしも、包装紙も商品シールもどこをとっても100%「大原松露饅頭」。部員に「配るね」と言った後に、どうも八つ橋じゃなさげな気配に気付いて、念のためにくれた人にメールしたら「返してください」と。
 ホワイトデーに「賞味期限ぎりぎりの大原松露饅頭」。そして翌日に「召還」。
 ここ近年ない、ミラクルな一日に心が震えっぱなしです。たまりません。


[PR]

by livifuku | 2012-03-15 15:20 | 編集こぼれ話

<< 天神の真ん中に天神様がやってきた! JR博多シティ<unic... >>