連休の思い出!<ぎりこ>   

2012年 05月 09日

5月でこの暑さ…。
本格的な夏が、ひたひたと迫ってきていますよー。太陽からの攻撃に、今からプルプルと怯えている女・ぎりこです。


さてさて、あっという間に(一瞬で)終わってしまったGW。
ぎりこは昨年に引き続き、「ラ・フォル・ジュルネ鳥栖」へ行って参りました。

d0159829_9171922.jpg


大好きなバイオリニスト・川井郁子さんが、今年も出演されるからなのです。
イベント自体は5月5日・6日の2日間にわたって開催されていたのですが、私は川井郁子さんのホールコンサート&無料ステージ(オープニングセレモニーでの演奏です)が行われる5日に行きました。

少し早めに出かけて、会場内を散策。
昨年よりも、親子連れの方が多い印象でした。
子どもと一緒にクラシックコンサートを楽しめる機会はなかなかないので、こういうイベントは貴重ですね。
また、無料コンサートが豊富なだけでなく、有料のものでも1000円くらいからと手ごろなのも嬉しいところ。

そして音楽だけでなく、飲食ブースも充実! 九州各県のいろいろなグルメや、鳥栖の人気スイーツを楽しめます。
私は「ホルモンうどん」と、イカ焼きを食べました!
…あっという間に食べ終えてしまったので、写真はありません。ハイ。

そして肝心のコンサート。
友人が演奏者として参加していたので、そのステージを観てから川井郁子さんのコンサートへ。
今回の「ラ・フォル・ジュルネ」のテーマであるロシアの作曲家の曲以外にも、「リベルタンゴ」や「エル・チョクロ」など情熱的な雰囲気の曲も演奏されていて、大興奮でした。
ピアノとのデュオだったのですが、ときに優しく、ときに激しく絡み合う音色に、うっとりと聞き惚れてしまいました。
深紅のドレスに身を包んだ川井さんは、演奏している姿もやっぱり美しく、片時も目を離せませんでした。耳だけでなく、目の保養にもなりました〜。

その後、オープニングセレモニーでの演奏も堪能!
頑張って早めに並んだのですが、人垣の隙間からチラリとしか見られませんでした(泣)。
今度はブルーのドレスで、やはり美しかったのでした(想像力で補完)。


ということで、大満足の1日でした。
特にお目当ての演奏家がいなくても、ぶらりと出かけるだけで沢山の音楽に触れられる…、なんてステキなイベントでしょう!
また来年が楽しみです。
[PR]

by livifuku | 2012-05-09 09:18 | 雑記

<< 美は1日にして成らず 4月 気軽にぬか床  >>