挑戦してみました!<ぎりこ>   

2012年 06月 27日

年に数回、「何かを漬け込みたい」衝動に駆られる女・ぎりこです。




数年前は、その衝動で「梅ジュース」を作ってみました。
夏バテ予防用に作ったのですが、予想以上に美味しくて夏バテする前に飲み終えてしまいました。

そんな私に、やってきました! 「漬けたい願望」。
そして、その願望に応えるかの如くリビング福岡5月26日号のフロントで特集されたのが「かんたん保存食」。
これはもう、やるしかないでしょう!

という訳で、初めての「らっきょう漬け」に挑戦してみました。

これまで、青果店やスーパーで販売されているらっきょうを見ては「漬けてみたいけれど大変そうだなぁ」と思っていましたが、あの記事を読んで「こんなに簡単にできるなら私にもきっと…!!」と希望を感じたのです…(やや誇張した表現でお届けしています)。

とは言え、恥ずかしながららっきょうを買うのも初めて。
「良いらっきょうの選び方」をネットで検索し、それを頭に叩き込んでから品定め。でも最初は気負わず、「取りあえずやってみる」という気持ちを心がけました(あんまり気負いすぎると、失敗したときのダメージが…泣)。

そして、漬け込む甘酢ですが…
ええ、リビングにはしっかり、調味料の分量が書いてあったのですが…
特に手に入れるのが難しいものもなかったのですが…

スミマセン。
手抜きをしてしまいました…。

らっきょうの横で私を誘惑したのは、すでに出来上がっている「らっきょう酢」。
お菓子ですら材料を目分量で量ろうとする雑な性格の私には、最初は出来合いのものの方が安心かと判断し、手に取ってしまいました。
次に作る時には、ちゃんと作るつもりですよー。

帰宅後は、すぐに皮むき作業!
家中にらっきょうの匂いが漂い、ふと、数年前によく通っていた「この時季の商店街の香り」を思い出しました。
青果店のお母さんたちは、毎日剥いていたなぁ…と、ちょっと懐かしい気分になりつつ、ひたすら剥きます。
作業を行ったのは、ある雨の日曜日。しとしとと降る雨の音に耳を傾けつつ、孤独な作業を続け、やっと下ごしらえが終わりました。
「こうすればもっと効率よく出来たな」という部分が多々あったので、次に作るときはもっと手際良く出来る筈です。
何事も、最初は手探りなのです(分かりやすい記事があったのに…というツッコミはナシの方向でお願いします)。

ビンの中に入れたらっきょうに若干の愛情を感じつつ、煮立てたらっきょう酢を注ぎ込んで、終了!

d0159829_9301272.jpg



食べ頃を楽しみにしつつ、梅干しにも挑戦しようと思っているのでありました。
まだまだ、漬け込み欲求は続くようです。
[PR]

by livifuku | 2012-06-27 09:48 | 雑記

<< SABLE in ELLE C... 紫陽花寺 >>