夏の嬉しいお中元   

2012年 07月 30日

先週、以前「きらり人」のコーナーで取材させていただいた野菜ソムリエ&野菜ライターの溝尻裕子さんからとっても嬉しいお中元が届きました。
d0159829_1532513.jpg

まさに「桃尻」という単語がぴったりな、赤ちゃんのお尻のようなきれいでおいしそうなフォルムにうっとり。

そう! うきはのもも! 直接ご本人が届けに来てくれたのですが、もう受付まで近寄って行く早い段階で彼女の手に抱えられている大きな箱に釘付け。見ないようにと懸命に目をそらしていたのですが、多分意識が世間話に集中していないのはバレバレだったと思います。目の玉は溝尻さんの顔を見ているはずなのに、中にまったく写っていなかった気がします。知り合いからも「実写版サトラレ(考えていることが顔に書いてあるかのように分かりやすい人)」呼ばわりされているだけに、そこは自信満々です。
本当においしくて、無類の桃好きの友人も悶絶していましたが、同時に「うきは大丈夫だったのかな…」と思いがよぎります。少しでも豪雨被害の復興に役立てるよう、筑後産の果物や野菜が並んでいたら購入しようと決意しました。

溝尻さん、本当にありがとうございました。今度はちゃんと買いに行きます。
ちなみに溝尻さんが店長を務める「農家直野菜時や」は高宮駅降りてすぐ。 野菜ソムリエの溝尻さんが自信を持ってお勧めするおいしい野菜と果物がみずみずしく店頭に並んでます。しかも安い! ぜひのぞいてみてくださいね。
「時や」ホームページ
http://tokiya.info/


[PR]

by livifuku | 2012-07-30 15:53 | 編集こぼれ話

<< 早起きの得? わが家のベランダ菜園 >>