カテゴリ:編集こぼれ話( 79 )   

夏休みの思い出   

2012年 08月 22日

毎年夏休みにはアジアに高飛びしている、ほんのり黒こげの鳥キングです。今年はサムイ島に行ってきました。話したほとんどの人に、「それどこ?」と聞かれるマイナーリゾートですが、タイにある欧米人が好むすてきなリゾートアイランドなんですぜ。
d0159829_1712575.jpg

日本語全く通じないホテルに泊まる、中学生以下の英会話レベルの二人組。部屋からの眺めは絶景ですが、遠くに望む大きな柱部分がフロントロビー。そしてホテルのテーマは「エコ」。エレベーターなんてありゃしない。外部に電話も掛けられず(部屋の電話はトランシーバー状態)、いちいち4階の部屋から、いったん1階に降りて、3階にあるフロントを目指す。毎日が高野山修行のよう。ですが、全38室のこぢんまりしたホテルはあまり干渉されることも無く、日本人もまったくおらず非日常なバカンス気分を満喫できます。
d0159829_1714315.jpg

最終日に生意気にも「プール〝ヴ〟ィラ」にルームチェンジ(1泊だけというのがなんとも庶民。だってオプショナルなんかでほとんどホテルにいないからという理由もせこい)。窓の外に広がる青い海
d0159829_172537.jpg

2階建てのヴィラの1階がプール。水が冷たく、長時間浮遊は厳しい。ジャグジーにもなるのですが…
d0159829_1722033.jpg

トイレにドアはありません。しかも全面にせり出しています。ご丁寧に正面の壁は全面ガラス張り。ちなみにベッドから丸見え。開けっぴろげにも程がある。欧米人の好みは分からない
d0159829_1723896.jpg

随一のシュノーケルスポット・ナムユアン島上陸。無駄にいばりんぼポーズ
d0159829_173290.jpg

隠し持ってたパンに群がる小魚ども。この後片手にパンを掲げ持ったまま高速で沖へと泳いで行くシュノーケリングバカに対して同行者から「なんで両手で全力で泳いでいるのに追いつかない!」とクレーム。単にユーがへなちょこなのよ。

グルメ編、スパ編はいずれまた。お楽しみに〜。ん? 別にいい? そう言わんと。

[PR]

by livifuku | 2012-08-22 17:33 | 編集こぼれ話

夏です、カレーの季節です!  <城クマ子>   

2012年 08月 09日

夏ですね、暑いですね、スタミナつけたいですよね・・・。
そんな暑さでバテ気味の編集部に、ステキなお客様がいらっしゃいました。

ホテルオークラ福岡から、総支配人はじめ3人のお客様が。
現在開催中のフェアの情報などお知らせいただきました。

そして、私たちのハート(胃袋?)をわしづかみにされたのが、写真のカレーです。
こちらは、8月30日まで、1階「カフェテラス カメリア」で開催中の「カレーフェア」の試食メニューです。
d0159829_2112387.jpg

上から、インド風タンドリーチキンカレー、シーフードのホワイトカレー、じっくり煮込んだビーフのシェフカレー、夏野菜とトマトのヘルシーカレー。

編集部では、魚介のうまみがぎゅ〜っと凝縮された「シーフードのホワイトカレー」が人気でしたよ。

詳しくはこちらでチェック→http://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/recommend/

8月30日までの開催です。食べ逃し(?)ないよう、ホテルオークラ福岡へ!
[PR]

by livifuku | 2012-08-09 21:12 | 編集こぼれ話

夏の嬉しいお中元   

2012年 07月 30日

先週、以前「きらり人」のコーナーで取材させていただいた野菜ソムリエ&野菜ライターの溝尻裕子さんからとっても嬉しいお中元が届きました。
d0159829_1532513.jpg

まさに「桃尻」という単語がぴったりな、赤ちゃんのお尻のようなきれいでおいしそうなフォルムにうっとり。

そう! うきはのもも! 直接ご本人が届けに来てくれたのですが、もう受付まで近寄って行く早い段階で彼女の手に抱えられている大きな箱に釘付け。見ないようにと懸命に目をそらしていたのですが、多分意識が世間話に集中していないのはバレバレだったと思います。目の玉は溝尻さんの顔を見ているはずなのに、中にまったく写っていなかった気がします。知り合いからも「実写版サトラレ(考えていることが顔に書いてあるかのように分かりやすい人)」呼ばわりされているだけに、そこは自信満々です。
本当においしくて、無類の桃好きの友人も悶絶していましたが、同時に「うきは大丈夫だったのかな…」と思いがよぎります。少しでも豪雨被害の復興に役立てるよう、筑後産の果物や野菜が並んでいたら購入しようと決意しました。

溝尻さん、本当にありがとうございました。今度はちゃんと買いに行きます。
ちなみに溝尻さんが店長を務める「農家直野菜時や」は高宮駅降りてすぐ。 野菜ソムリエの溝尻さんが自信を持ってお勧めするおいしい野菜と果物がみずみずしく店頭に並んでます。しかも安い! ぜひのぞいてみてくださいね。
「時や」ホームページ
http://tokiya.info/


[PR]

by livifuku | 2012-07-30 15:53 | 編集こぼれ話

SABLE in ELLE CAFE!   

2012年 07月 06日

 ご無沙汰しております。しいたけから足を洗った途端にブログをアップしなくなった怠慢鳥顔です。
 先日、博多阪急のELLE CAFE内にオープンしたフランスのカトラリー&陶器ブランド「SABRE(サーブル)」のプレス発表会に出かけてきました。
 
d0159829_11213959.jpg

d0159829_1748793.jpg

ウエルカムドリンクはゆらゆら揺れるお花がきれいなスパークリング。バジルが爽やかなプチパンケーキとともに。どこまでもハイセンスです、ELLE CAFE!
 SABREは銀細工師の家庭に生まれたFrancis Gelb氏と奥様であるPascale氏が2001年にスタート。「ファッション・カラーをテーブルに運ぶ」というアイデアのもとに生み出される商品は、その確かな品質とユニークなデザインでフランス・パリを中心に一気に話題のブランドに。
d0159829_11222273.jpg

 カフェの奥にある、小さな隠し小部屋みたいな空間に現れたまるでキャンディーボックスをひっくり返したような色彩の洪水に思わず歓声! その色合いもポップなものからシックなものまでバラエティー豊か。特に心を鷲掴みされたのが、光沢のあるラグジュアリーなライン「Gustave」。甘くないシックな色合いに、渋好みの私はもう夢中。このほかキャンディーカラーのキュートなライン「Candy」など、デザイン性の高さはもちろん、実際に手に持つとその程よい重厚感と美しい曲線にうっとり。
d0159829_11223483.jpg

 一本一本丁寧に手作りされるだけあって、お値段はちょっと高めなのですが、より手軽に利用できるアクリル樹脂のラインも展開しているようです。
d0159829_11225052.jpg

 食器やカトラリーにも気を配る女性って大人な感じがして憧れです。あと日曜の朝にミルで豆を挽いてコーヒーを入れる人も。残念ながら心の余裕もなければ、ハード面も全くと言っていいほど整っていない歳だけ立派な大人です。とりあえず、ティースプーンからはじめてみましょうか。

[PR]

by livifuku | 2012-07-06 11:53 | 編集こぼれ話

続・かんたん保存食<Mitsu>   

2012年 06月 13日

こにゃにゃにゃちは〜 


みなさま。5月26日号ご覧になりました?

ジッパー付きポリ袋で漬ける梅干しなどを特集した
「スーパーおばあちゃんに聞く! かんたん保存食」

意外に簡単そうで私にもできそう!  今年はやってみます♡
なんて声を聞いて、るんるん気分のMitsuです。
(いやー。うれしいな♪ )

その中で、紹介したらっきょうの甘酢漬け。
「カレーの時にしか食べないので、なかなか減らない」という声もあったので、わが家での活用法を紹介します。

その1→「タルタルソース」する
らっきょうの甘酢漬けをみじん切りにし、ゆで卵、パセリ、マヨネーズを混ぜるだけ!
ほんでコレ↓こんな感じです。
d0159829_15511224.jpg


ゆで卵がなくても、らっきょうのみじん切りとマヨネーズだけでも十分ステキなソースになります。

その2→甘酢漬けの酢は「酢もの&マリネ」に
きゅうり、わかめ、ごま、シラスなど、お好みの具材と混ぜるだけ!

その3→料理研究家の先生のおすすめ食べ方
(まだやったことはないのですが…)
2〜3年もののらっきょうの甘酢漬けの酢につけて食べる
酸味がとれて味がまろやかになっているので、さっぱりといただけおいしいそうです

Mitsuは麺つゆにらっきょうと漬け酢をくわえて食べてみました。
これもまたおいしゅうございました。

こんな感じでらっきょうの甘酢漬けをいろいろ活用してみてくださいね。
みなさんのレシピも教えてほしいな〜
           
[PR]

by livifuku | 2012-06-13 16:08 | 編集こぼれ話

ビアガーデン第2弾!  イムズ編   

2012年 05月 30日

d0159829_18244091.jpg

 時節柄ビアガーデンへの招待が相次ぐ編集部です。
 先日、イムズのビアガーデンのプレオープンに出かけて参りました!
 野菜いっぱいでドリンクも女子が喜ぶラインアップが揃っているので、編集部でもリピ部員多いです。
 ビューティーハイボールと銘打たれた「コラーゲンもも」「コラーゲンゆず」「コラーゲンローズヒップ」。そりゃあ頼むでしょ。しかも果実酒もマンゴー、白桃、梅、シークワーサー、アセロラ、はちみつ入りゆず酒と充実。ビアガーデンなのに意外とビール苦手、なあなたにも(誰?)ご満足いただける内容です。
 さらにイムズビアガーデンの魅力はその料理。野の葡萄とHAKATA ONOの自慢のメニューがずらり。特に野菜の豊富さは特筆もの。なんかの金賞を受賞したソーセージも目の前で焼いてもらえて大満足。
d0159829_18252084.jpg

d0159829_18255042.jpg

d0159829_15402097.jpg

★男性3300円、女性2800円でフリードリンク&フード90分一本勝負!
★営業時間 17:00〜23:00 OS22:30(雨天中止)
 9月2日(日)まで開催。一度行くと必ずもう一度、別の仲間と来たくなること必至なので早めにまずは一回目開催。

d0159829_1827686.jpg

パンもあるよ

d0159829_18263312.jpg

欲にまみれてⅠst.ステージ。ゆっくり取ればいいのにね、といつも取った後に反省します


[PR]

by livifuku | 2012-05-30 18:45 | 編集こぼれ話

福岡空港で酔っぱらい!   

2012年 05月 15日

d0159829_16255735.jpg

5月15日(火)にオープンした「福岡空港ビアテラス・ビアエア」のプレオープンに、隣りのシティリビングの営業部長&営業男子と参加してきました。
実は飛行機の顔を見るのが大好きなので、テラスに足を踏み入れた途端、かなり気分が上がりました。あいにくの空模様でしたが、目の前に彼らのまるくてつるんとしたお顔が!  しかも夕方は離発着ラッシュのようで、5分間隔で飛び立ったり降り立ったりするかわいこちゃんにおばちゃん夢中。空港の近くを通るだけでも旅情をくすぐられるのに、機体を横目に飲んだり食ったり…なんて非日常な大人な時間なのかしら(飲めませんが)。
ビアテラスとはいえ、子どもも大喜び! 大人もついつい童心に帰ることができる夢の空間です。ぜひ出かけてみませんか。
d0159829_16271716.jpg

見えますか? かわいこちゃんがまさに着陸寸前
d0159829_16262771.jpg

雨の中、ひっそりとスタンバイするかわいこちゃんたち
d0159829_1626597.jpg

こんな感じで楽しめます(モデル/シティリビング営業部長、営業男子)

■ビアテラス概要
期間 5月15日(火)〜9月30日(日)※雨天強風中止
時間 18:30〜21:00
会場 福岡空港第2ターミナルビル4階送迎デッキ (全席禁煙・喫煙所あり)
料金 バイキング料理+フリードリンク(最大2時間半飲み放題) 大人3900円、中高生2000円、小学生以下1000円(3歳未満無料)
メニュー バイキング料理25種類程度、フリードリンク(ビール、焼酎、果実酒、チューハイ、ハイボール、ワイン、ソフトドリンク)
d0159829_16274056.jpg


予約専用電話番号 092(623)0555 ※完全予約制
受付時間 午前10時〜午後9時まで

[PR]

by livifuku | 2012-05-15 16:48 | 編集こぼれ話

美は1日にして成らず 4月   

2012年 05月 10日

4月28日号から始まったコラム「美は一日にして成らず」。
毎回、福岡のすてきな女性に登場してもらい、その美の秘けつを教えてもらいます。

1回目は、NOIR所属のモデル、葉月さん。
無理せずできることを毎日続けることが大事だと思う、と話す葉月さんの毎日の習慣は・・・。
脚や腕、顔のマッサージに、寒い季節は足湯、暖かくなってきたらフルーツジュース。

そして、紙面で紹介できなかった美の秘けつ。
はちみつを、化粧水や乳液、シャンプーの後のトリートメントに1滴加えて使っているそうです。

甘いものやお酒も楽しむけれど、普段の食事は、野菜をたくさん食べるなど、無理のない程度に気をつけているそう。
また、保湿をプラスしたりアイテムを切り替えたり、季節や体調に合わせ、調節しています。
(肌質、体質など、人によって合う合わないがあるので)、自分にあったお手入れ方法で、手をかけてあげること。
意識してマッサージしたり、ウオーキングしたり。意識することも大切。
その結果、少しでも効果が出ると気持ちが上がり、前向きに、ポジティブになっていく。それが美につながると思います、と話してくれました。



d0159829_1981272.jpg

[PR]

by livifuku | 2012-05-10 19:04 | 編集こぼれ話

からからしいたけ男   

2012年 04月 27日

d0159829_1546443.jpg

しいたけ仲間のおうちで収穫された、二作目のしいたけで干ししいたけに挑戦。「そのまま放置してもかびるのでは」というしいたけ仲間の不安をよそに、普通に室内でからからに。どんだけ私の家は乾燥してるんだって話です。引っ越して10年超、一度も結露したことがありません。

d0159829_15444563.jpg

放置3日後。撮影用に日当りの良い場所に移動させましたが、普通に暗い台所の片隅でミイラ化。さてと、これどうしよう

d0159829_1544693.jpg

編集部には日々いろんなおやつが回ってきます。この日は「あご」。

d0159829_15442080.jpg

あごで自主規制。手首と手の甲のバランスの悪さが宇宙人っぽいです

[PR]

by livifuku | 2012-04-27 15:53 | 編集こぼれ話

帰って来たしいたけ男   

2012年 04月 18日

d0159829_17521393.jpg

しいたけ男ファンの皆様お待たせ致しました! いったん収穫を終えた苗床を水に沈めて、再び甦ったしいたけ男2号。第二回目の収穫祭です。思った以上に豊作です

d0159829_17522923.jpg

収穫後の丸裸な2号。友人曰く「まだ出てきそうな気配」。なぬー!

d0159829_17514353.jpg

そして1号(要は私のおうちの分)。一晩のところを2晩漬けっぱなしにしたせいか、異臭&小バエが大量発生していたため叫び声とともにベランダに強制退去。おそるおそる今朝見たら、しぶとく成長。しかもやはり2号のに比べて力強いというか猛々しい。ですがどこか病んでる感じ。食べる勇気はありません。


[PR]

by livifuku | 2012-04-18 18:01 | 編集こぼれ話