カテゴリ:雑記( 98 )   

あそぼーい&SL乗りました<unico>   

2012年 08月 17日

鉄ちゃんの息子対策に、人吉まで鉄道三昧の旅に行ってきました。
行きは「あそぼーい」。阿蘇が豪雨で電車が通れないということで、
今、博多〜人吉間を走ってます。
キャラクターの「くろちゃん」が車体にも車内にもたくさん描かれています。
息子は「にゃー」と言っていましたが、たぶん犬だと思われます。
本名は「あそ くろえもん」くん。
子どもの遊び場があるので、親子連れだらけでした。

人吉駅ホームであそぼーい号をバックに郷土玩具・きじ馬に乗る息子。
ベビーカーがないので、きじ馬、欲しかった…(あとで抱っこの応酬)
d0159829_177455.jpg


人吉では、なんと「くまモン」のサインを発見!(本物か???)
d0159829_14181739.jpg

国宝・阿蘇青井神社の絵馬?は、しゃもじに「人吉」と書かれていて、
1本横線を引いて「大吉」祈願をするそうです。
「犬吉」にしたかったけどぐっと我慢。
d0159829_1418477.jpg

鉄ちゃんならずとも必見らしいSL転車台。
後ろ向きに走ってきた蒸気機関車が、くるりと向きを変えます。
d0159829_14193640.jpg

個人的に好きだったのが、隣のSL館。手作り感満載。
写真の「投炭練習機」では石炭をスコップで運ぶ体験ができて、
石炭ももらえます…(何に使う?)
d0159829_14192138.jpg

このSLに帰りに乗って熊本まで。
球磨川下りのカヌーのみなさんや沿道のみなさん、手をふってくれるので、
なんか嬉しい。

記念写真をあちこちで撮っている家族連れ…は分かるとして、
SL自体を撮影している人、ポイントポイントにいたりして(撮り鉄)
SLを車で追いかけて各駅で撮っているグループにも遭遇したりして。
こんなにいるのか、鉄ちゃん、おそるべし…(老若男女不問)
3時間もかかったのですが、なんだかほのぼののんびりしていました。
時間のロス分は、熊本から「つばめ」でリカバーしたせっかちunicoでした。


[PR]

by livifuku | 2012-08-17 14:26 | 雑記

早起きの得?   

2012年 08月 08日

こんにちは。

前回、鳥キング先輩のブログにあった桃のお中元。お裾分けを頂いたら、桃欲に火がついてしまって、ついにこんな丸ごとスイーツにまで手を出してしまった巻きリョーシカです。桃は、ほんとにおいしいですよねえ。うっとり。
d0159829_162418.jpg



ところで。私の住んでいるところの近くはお魚が豊富で、日曜日には漁港で朝市もやっています。いつも睡魔に負けて行けなかった早朝朝市、オリンピックで夜更かししたついでに、クーラーボックス持参で行ってきました!

訪れたのは津屋崎漁港。朝の6時30分です。
港に停泊している漁船の前に、それぞれ陳列台をずらり。しかし、もはや魚がありません。漁師さんたちは既にお片づけモード。おばちゃんに「あの…今日お魚は…」と問えば、「あー。5時半から並べて、6時から売り始めるんよー。今日は魚が少なかったけんねえ」と気の毒そうに教えてくれました。意気揚々と持参したこのクーラーボックス、行き場をなくしてしまったのでした。
※写真がないのが、我々の落胆度合いをあらわしております。

漁港の朝は早い! 次は万全の体制で、早起きしてくるんだ! と心に決めた朝でした。
あ、でも周辺の直売所にはちゃんとお魚あるんです。「早朝の漁港」っていうシチュエーションにこだわりたいだけなんです。

しかし、せっかくの早朝お出かけ。
何事もなく帰るのも切ないので、近くのコンビニに寄ってパンを調達。
d0159829_15564022.jpg


宮司浜にレジャーシートを広げて、朝ご飯をのんびり食べていると
なんと、7時前というのにもう泳いでいる親子連れが!
たしかに、朝でも十分日射しがあるし、人も少なくて良い感じ。
つられて、わたしも足だけ浸かってみました。

d0159829_15571221.jpg


遠浅の海はきらきらしてとってもキレイ。
実は前夜に大変飲み過ぎていたんですが、海水に浸かった足の先から、酒の毒がどんどん抜けているような気さえします(笑)。

想定外の連続の早朝散歩でしたが、頭もスッキリ! その日1日、とても爽快に過ごすことができました。早起きは三文の得といいますが、やっぱり朝はなんでも気持ちがいいものですね♪


おまけ。
その日の夜は、福間海岸の花火大会でした。わたしは遠くから眺めましたが、海岸からもゆったり眺めることができるようなので、来年はそうして見ようかなー。

d0159829_1621642.jpg



もうすぐお盆です。みなさん、夏は満喫されましたか?
朝晩に吹く風にも、すこーしだけ秋が混ざってきたような。
暑いのは大変だけど、夏が終わるのはやっぱりちょっと寂しいです。
行かないで夏ー! まだまだ遊ぶー!!
[PR]

by livifuku | 2012-08-08 16:13 | 雑記

わが家のベランダ菜園   

2012年 07月 24日

こんにちは。
とうとう福岡も梅雨明け!
暑い日々がしばらく続きそうですね。

今年、わが家はベランダ菜園にチャレンジ。
一度は暴風で折れてしまったのに、
なぜかこんなに元気なトマトちゃん・・・。
物干竿を支えに、私よりも大きくなってしまいました。
そして洗濯物を干すスペースも、どんどん占領中(汗

d0159829_18273910.jpg


一時は実が全くつかず、このままグリーンカーテン化するのでは
と心配していましたが、
最近は、いい感じにトマトの実ができはじめています。
2株植えたのですが、黄色っぽいトマトの方が元気で、
ざっと数えても30個くらいは実がついています!

が、しかし、もう1株の赤いトマトがプチを通り越し、
かなりのミクロサイズ(涙
よくペットは飼い主に似るなんて言われますが、
植物も育て主に似るんでしょうか?

d0159829_18283169.jpg


1円玉より小さいなんて・・・
しょんぼり・・・。


みなさんは、家庭菜園などされているんでしょうか?
トマトの実が大きくなる秘訣があったら、
ぜひご指導いただきたいです(>_<)


[PR]

by livifuku | 2012-07-24 18:32 | 雑記

世界のワインが勢揃い!   

2012年 07月 19日

先日、世界各地のワイン展示試飲会とアルゼンチンワイン特別セミナーが開催されました。
特別セミナーの講師は、アルゼンチンワイン、サンタ・アナ社のヴィルヒニア・ザラテグイさん。
サンタ・アナ社は1981年設立、メンドーサ州を中心にアルゼンチン各地に自社畑800ha、契約畑1000ha、4つのワイナリーを保有し、世界各地で高い評価を得ています。
d0159829_20193686.jpg

セミナーでは、ワイナリーや畑について紹介後、試飲を交えながら、ワインの特徴を教えてもらえました。
紹介されたワインは、下記のとおり。
d0159829_2020360.jpg

●サンタ・アナ・トロンテス
アルゼンチンの固有品種トロンテスを使用。
白いバラやジャスミン、オレンジの花の香り。
酸味があり、シーフードに合うそうです。
●サンタ・アナ・エコ・トロンテス
有機栽培ブドウを使用。よりミネラル感のあるワイン。
●サンタ・アナ・マルベック
アルゼンチンが誇るマルベック種を使用。
プラムやチェリーの香り、やさしい味わいのワイン。
パスタやスパイシーな肉料理に。
●サンタ・アナ・エコ・カベルネ・ソーヴィニヨン
有機栽培ブドウを使用。
カシスやブルーベリーなどの香りとスパイスのニュアンス。
このほかにもさまざまなワインが用意され、日本未発売のワインも紹介されました。

会場には、世界各地のワインが勢揃い。
こちらは、アメリカ、カリフォルニアのワイン。
d0159829_20232099.jpg

家飲みにぴったりのリーズナブルなワインは、チリから。
かわいいアルパカのラベルは、サンタ・ヘレナ社の「アルパカ」シリーズ。
d0159829_2024363.jpg

フランス・ブルゴーニュを代表する造り手、ルイ・ラトゥール社のワインもずらり!
d0159829_2027536.jpg

d0159829_2028147.jpg

憧れのシャンパーニュは、ランソン。
d0159829_20291766.jpg

イタリア、トスカーナ地方のアンティノリ社のワインは、冷やして楽しめる、夏向きのワイン。
炭酸で割って、ワインスプリッツァーなど、カクテルのベースにするのもおすすめだそうです。
d0159829_203935.jpg

ほかにも、紙パック入りのワインや日本のワインなど、多彩な品揃え。
ワインの楽しみが広がりそうです。
ご紹介した商品については、こちらから→アサヒワインコム
[PR]

by livifuku | 2012-07-19 20:42 | 雑記

挑戦してみました!<ぎりこ>   

2012年 06月 27日

年に数回、「何かを漬け込みたい」衝動に駆られる女・ぎりこです。




数年前は、その衝動で「梅ジュース」を作ってみました。
夏バテ予防用に作ったのですが、予想以上に美味しくて夏バテする前に飲み終えてしまいました。

そんな私に、やってきました! 「漬けたい願望」。
そして、その願望に応えるかの如くリビング福岡5月26日号のフロントで特集されたのが「かんたん保存食」。
これはもう、やるしかないでしょう!

という訳で、初めての「らっきょう漬け」に挑戦してみました。

これまで、青果店やスーパーで販売されているらっきょうを見ては「漬けてみたいけれど大変そうだなぁ」と思っていましたが、あの記事を読んで「こんなに簡単にできるなら私にもきっと…!!」と希望を感じたのです…(やや誇張した表現でお届けしています)。

とは言え、恥ずかしながららっきょうを買うのも初めて。
「良いらっきょうの選び方」をネットで検索し、それを頭に叩き込んでから品定め。でも最初は気負わず、「取りあえずやってみる」という気持ちを心がけました(あんまり気負いすぎると、失敗したときのダメージが…泣)。

そして、漬け込む甘酢ですが…
ええ、リビングにはしっかり、調味料の分量が書いてあったのですが…
特に手に入れるのが難しいものもなかったのですが…

スミマセン。
手抜きをしてしまいました…。

らっきょうの横で私を誘惑したのは、すでに出来上がっている「らっきょう酢」。
お菓子ですら材料を目分量で量ろうとする雑な性格の私には、最初は出来合いのものの方が安心かと判断し、手に取ってしまいました。
次に作る時には、ちゃんと作るつもりですよー。

帰宅後は、すぐに皮むき作業!
家中にらっきょうの匂いが漂い、ふと、数年前によく通っていた「この時季の商店街の香り」を思い出しました。
青果店のお母さんたちは、毎日剥いていたなぁ…と、ちょっと懐かしい気分になりつつ、ひたすら剥きます。
作業を行ったのは、ある雨の日曜日。しとしとと降る雨の音に耳を傾けつつ、孤独な作業を続け、やっと下ごしらえが終わりました。
「こうすればもっと効率よく出来たな」という部分が多々あったので、次に作るときはもっと手際良く出来る筈です。
何事も、最初は手探りなのです(分かりやすい記事があったのに…というツッコミはナシの方向でお願いします)。

ビンの中に入れたらっきょうに若干の愛情を感じつつ、煮立てたらっきょう酢を注ぎ込んで、終了!

d0159829_9301272.jpg



食べ頃を楽しみにしつつ、梅干しにも挑戦しようと思っているのでありました。
まだまだ、漬け込み欲求は続くようです。
[PR]

by livifuku | 2012-06-27 09:48 | 雑記

あんふぁん<unico>   

2012年 06月 15日

こんにちは。unicoです。きょうはちょっと宣伝させてください。
弊社では福岡県と佐賀県の一部の幼稚園などに無料配布している
「あんふぁん」という雑誌も作っていまして、私がその編集を担当しています。

この特集記事(東京のサンケイリビング新聞社が作っています)が、
けっこう子育て中の自分自身のためになるんですよ〜。
よかったら一度ごらんください。

「あんふぁんぶる」(7月からリニューアルして「あんふぁんWeb」になります)
http://www.enfanble.jp/(7月からアドレス変わります)

ちなみに今月号の特集は
「パパ改造計画 父親力アップはママの腕しだい」
です。
ねっ。読みたくなったでしょ!?


[PR]

by livifuku | 2012-06-15 13:23 | 雑記

福岡オープントップバスでクルーズ気分♪   

2012年 06月 06日

はじめまして!
昨年11月から編集部の仲間になった、新入りの巻きリョーシカです。


新入りながら結構年を重ねていることが、部内にバレて久しい今日この頃。もはやこれまで…とばかりに、大ボケ小ボケをさらけ出し、伸び伸び楽しく働いてます。先輩方の温かい助けのもとで、さらけ出し過ぎなんじゃないかってくらいです(笑)。いやはや、ありがたやー。
うっかりのんびりものですが、どうぞよろしくお願いします♪

さて。私の大好きなことは、食べることと旅すること。
そして、乗り物に乗ること!

電車、飛行機、バス、フェリー。大きな乗り物は何でも大好き。
さらには、すぐに車の窓を開けたがり、
フェリーに乗ればデッキから一時も離れず、とにかく、
「びょうびょう風に吹かれながら乗り物に乗る」っていうことに
異様に執着する性質があるのです。

そんな私の願いをすべて叶えてくれる、夢にまで見たあの乗り物。
街で見かける度にうらやまし過ぎて、必要以上に写メを取りまくり、
フラフラと後をついていきそうになるくらい、
凝視していたあの乗り物。
そう、「福岡オープントップバス」に乗って参りました。

私が乗ったのは、
午後6時30分・天神発の「福岡きらめき夜景コース」。
天神・福岡市役所〜国体道路(中洲)〜博多駅〜櫛田神社〜都市高速道路〜百道エリア(ヤフードーム&福岡タワー、シーホークホテルなど)〜福岡城址と、福岡の見所をぐるっと巡る、大満足のコースです。

ああ、やっぱりこのバスかっこいい…。
この日は、子ども連れや観光客の皆さんで満席です。
d0159829_15293770.jpg


約3mの高さから見下ろす福岡の街。
信号機や道路標識が迫ってくるほど近かったり、街路樹の若葉に手が届きそうだったり、いつも何気なく見ている風景が、がらっと新鮮に目に飛び込んできます。
d0159829_1531244.jpg


日暮れ間近の中洲の街や博多駅も、夕日に映えてとってもキレイ。窓ガラスなど遮るものがなく、心地よい風に吹かれることができるのも、最高に贅沢な気分です。
d0159829_15484454.jpg


そしていよいよ、都市高速。
もちろん、オープントップなままでゲートをくぐります。

ここからは、さらに見所満載!
ジェットコースターのように立体交差を通り抜けたり、
d0159829_15343814.jpg


海に沈む夕日にうっとりしたり、
d0159829_15341450.jpg


荒津大橋を渡ったり。
シャッターチャンスありすぎ。お客さん、大忙しです。
d0159829_15513969.jpg



そして、ここ!
普通に路線バスや自家用車で通りかかっても、
「おおー。ここは未来か?」と思うナイスビュー。
ドームと福岡タワー、シーホークホテルが一度に見渡せるこのスポットも、オープントップバスで颯爽と通り抜ければ、さらに数倍、ステキに見えちゃいます。
d0159829_15354490.jpg


都市高速をおりた後は、シーサイドももちから、しっとりライトアップされた福岡城址を巡り、とっぷり日の暮れた天神へ戻って、夢のような旅路は終了。

「きらめき夜景コース」は所要時間 約90分。
20時くらいに天神に戻ってくるので、それからちょっと食事とか、観光以外でも、デートのサプライズとか素敵よねーと、ひとり妄想にふけっておりました。

その他、お昼の時間帯は「ベイサイド博多街なかコース」と「シーサイドももち・福岡城址コース」(それぞれ所要時間 60分程度)もあるので、気 になる人はチェックしてみてくださいねー。ちょっとしたクルーズ気分を味わえると思いますよ!

次はお昼のコースに乗って、
オープントップバスコンプリートを目指すんだ!
と、心に決めた巻きリョーシカでした。
[PR]

by livifuku | 2012-06-06 15:58 | 雑記

船乗り込み   

2012年 05月 29日

5月29日、恒例の「船乗り込み」が開催されました。
「六月博多座大歌舞伎」の出演者が、清流公園から博多リバレインまでの約800mをにぎやかに下ります。
d0159829_16445412.jpg

d0159829_16462752.jpg

先頭には中村吉右衛門さん。親子で襲名披露を行う中村又五郎さん、中村歌昇さんの姿も見えます。
d0159829_1650162.jpg

お天気にも恵まれ、見物客もたくさん。紙吹雪がはらはら舞う様子はとても華やかでした。
「六月博多座大歌舞伎」は、6月2日〜26日公演です。
[PR]

by livifuku | 2012-05-29 16:58 | 雑記

爽やかな季節 <城クマ子>   

2012年 05月 25日

風が心地よい、爽やかな季節。
これから少しずつ暑くなってくると、飲みたくなりますよね、ビールが!

ということで、一足早く、ビアガーデンを体験。
私は博多リバレイン イニミニマニモ5Fで毎年開催されている「オークラビアガーデン」へ行ってきました。
6月1日スタートです。

d0159829_23454397.jpg

目の前で焼いてくれる鉄板焼など、お料理も充実。
d0159829_23461816.jpg

ビールはもちろん、カクテルやワイン、ハイボールなどなど、ドリンクの種類がいっぱい!

6月はイタリア、7月はハワイ、8月はスペイン、と、料理のテーマが変わるのも楽しみです。
d0159829_064865.jpg


さて、今月は生の舞台の素晴らしさを満喫しました。

九州交響楽団の演奏を聞き、生の音楽に感動。
地球ゴージャスの舞台では、エンターテインメントのすごさに感動。

博多座では、ミュージカル「ラ・マンチャの男」を観劇。
実は10年前の公演も見ているのですが、幸四郎さんの存在感、
松たか子さんの迫力ある歌声と演技に引き込まれました。


5月29日(火)13:00からは、「船乗り込み」が開催されますよ。
紙吹雪が舞う華やかなイベント。お天気に恵まれるとよいですね。
[PR]

by livifuku | 2012-05-25 20:00 | 雑記

初プサンでカメラ修行   

2012年 05月 22日

こんにちは。
ベジベジです。
週末、初めてプサンに行ってきました!
というのも通っているカメラ教室のご縁で、
プサンの自然を撮影&発表するというイベントに
参加できることになったためです。

初日は、撮影スポットの勉強と、オープニングセレモニー
翌日は朝から夜まで、プサンの自然を撮影し続け・・・
最終日は、写真を発表するという、
観光時間ほぼゼロの強行スケジュール。

それでも、韓国コスメは絶対に買って帰る!
と決めていたので(笑
初日のたった1時間ほどの休憩時間に、
コスメを買いに、走りました〜。

地下鉄釜山駅から3つめの駅を目指し、単独出発!
行ってみたらなんとかなるものですね。

途中、道を迷子になりかけた現場。
ファッションショー中でした☆
あまりのイケメンっぷりに、目が釘付けに!

d0159829_20482980.jpg


道を見失ったものの、靴屋のお兄さんに訪ねて
なんとか目的地にたどりつきました〜。
お土産のシートマスクと、
ボスからの依頼の品も無事ゲットできて、一安心。

コスメショップの店員さんは、みんな日本語が堪能で、ノーストレス!
弾丸トラベラーのごとく、数分で買い物を済ませ、
無事ホテルの集合場所へ!
でも、次回はもっとゆっくり観光したい(>_<)


★おまけ★
翌日はバスにすし詰状態で、1日中撮影地を巡っていました。
靴は泥だらけになりました。
写真撮影には良いコンディションのお天気ではなかったけど、
写真の撮影技術に関しては、鍛えられた気がします。
また紙面づくりにも、生かしていきたいと思います(^^)

プサンの街を走るバスの車窓から
d0159829_20491373.jpg



一番印象に残っている食事。
漢方だらけの、鴨のサムゲタン!

d0159829_20494471.jpg

[PR]

by livifuku | 2012-05-22 20:50 | 雑記