<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

贅沢三昧   

2012年 09月 25日

9月の3連休に思い立って嬉野の椎葉山荘に行って参りました。
なにしろ10日前に思い立ったぐらいだから、もちろん人気のお宿はどこも満室。
それでもどうしても前から行きたかった椎葉山荘にロックオン。
こうなると粘着質な私は異様に燃えます。ええ、休日は1時間おき、平日は夕方6時に必ず空室検索。
なんと出発日の4日前に空室、しかも一番安いお部屋(他は2間続きで高いんだ)が空いた!
慌てるあまり、震える指先で申し込み。
携帯に「予約完了のお知らせ」が届いたときのあの喜びといったら…
そしてなぜか取れた後も、引き続き毎日午後6時に空室検索をのぞく悪趣味な女。
ええ、「空室ありません」の表示にさらなる達成感を味わうために。
d0159829_1646777.jpg

憧れの椎葉山荘外観。このショットが撮りたかったのよ
d0159829_16462013.jpg

で、食事処。部屋食じゃなくて全然オッケー

以降、椎葉山荘と美食の旅報告です。
椎葉前に竹崎ガニ。ゆでられ、焼かれ、どっぷりとみそ汁風呂につかる竹崎カニ男(オス)
d0159829_1647278.jpg

竹崎ガニの合間に車エビ。「細身なので2本150円で!」
スレンダーにもほどがある。串刺しする必要はあったのか?
d0159829_16471389.jpg

竹崎から嬉野へ向かう道中の道の駅で、ドライブの定番ソフトクリームをつまむ
d0159829_16472415.jpg

夜はめくるめく「椎葉山荘ディナー」。色とりどりのとりわけ懐石もおいしかったですが、やはり佐賀牛網焼きの威力はすごいです。それまでもてはやされていた懐石料理の数々が吹き飛ぶ始末
d0159829_16473696.jpg

嬉野の帰りは三瀬経由で。一度では決してそらんじられない、最近オープンしたというソーセージ屋でとぐろ巻きソーセージハンバーガーとソーセージ3種盛り
d0159829_16474757.jpg

旅の締めくくりは「ふく」。「リビング福岡を見て」と予約した「ふくの小川」で半額ふくコースを
d0159829_16475960.jpg


贅沢三昧のツケはうっすらとしのびよる…
頬は相変わらずこけているのに、背中やら腹やらにしっかりと。
頼むから顔についてくれ!  あごでなく、頬骨下指名で!


[PR]

by livifuku | 2012-09-25 17:22 | 編集こぼれ話

週末のプチ旅(島原&雲仙)   

2012年 09月 19日

こんにちは、ベジベジです。
今月は、久々の九州内旅行へ出かけました!
行き先は、島原&雲仙。
島原はリビング9/1号の終面でも紹介していたスポットです。
紙面はこちら↓
http://living.lisa.co.jp/para/livi/f0901/#page=16

わが家は車を持っていないので、電車(天神〜大牟田)・バス・船(大牟田〜島原)で移動。
ランチ1回分のクーポン券などが付いて、1人往復5600円ほどでした。
時間は、大牟田駅からバスと船で約1時間と、
意外と早く着いてびっくり('0'*)

島原では、お城の近くにある姫松屋さんで、初めての具雑煮!
d0159829_16234466.jpg

土鍋で出てくると言えば、私の故郷では味噌煮込みうどんですが(笑
ここではお雑煮なんですね!

お出汁がしっかり効いていて、いろんな具がゴロゴロ〜。
d0159829_16242684.jpg

おつゆまで美味しくいただきましたv(*'-^*)b


島原の街では、きれいな湧水や立派な鯉に癒やされて♪
d0159829_1625657.jpg


かんざらしは食べ損ねて後悔し・・・。
d0159829_16252984.jpg



翌日は雲仙にも足を伸ばしました。

雲仙の街では、足湯がいたるところに!
硫黄のにおいも結構強いですが、それが温泉らしくて
良い感じでした。
d0159829_16264773.jpg



そして仁田峠へ!
d0159829_16272999.jpg


峠では平成新山がばっちり拝めました☆
平成新山は普賢岳の火山活動により、長崎県最高峰になった山。
頂上は植物も生えていなくて、荒々しい雰囲気です・・・。
d0159829_16275591.jpg



あっという間の週末でしたが、
島原と雲仙で歴史&自然を堪能♪
非日常気分を味わえて、リフレッシュできました。
週末どこに行こうかな〜と、迷い中の方はぜひ!
私も次回はかんざらしリベンジに行きたいと思います(*^m^*)
d0159829_16334884.jpg



[PR]

by livifuku | 2012-09-19 16:39 | 雑記

イスラ・デ・サルサ2012開催   

2012年 09月 13日

d0159829_17185898.jpg

“ボーダーレスミュージック & ボーダーレスマインド”をテーマに、国内外から多様なジャンルのミュージシャン、ダンサーが集結!
「イスラ・デ・サルサ」2012が9月15日(土)、16日(日)開催されます。
ライブ、ダンス、アート、食…大人も子どもも楽しめるフェスティバルです。

開催に先駆けて先日行われたイベントでの様子をご紹介。
華麗なダンスに釘づけになりました!
d0159829_17212895.jpg
d0159829_17214668.jpg

d0159829_17215880.jpg


日 時: 2012年 9月 15日 (土) ・ 16日 (日)
開場 12:30 / 開演 13:00 / 終演予定時間 21:00
* 時間は変更になる可能性があります。
場 所: シーサイドももち・地行浜

詳しくはこちらへ→第16回 ボーダーレスミュージックフェスティバル “イスラ・デ・サルサ 2012”
[PR]

by livifuku | 2012-09-13 17:25 | 雑記

帰って来た大食漢!〜ラースタ編   

2012年 09月 13日

みなさまお久しぶりです、稀代の大食漢です。
オープントップバスではしゃいだり、南の島で浮かれたりとあまり仕事をしていない印象ですが、今回は大食い日記を書かせていただきます。
キャナルの広報さんに「プレスリリースより前に食べにこい!」と誘われ、新店を求めてふらふらと出かけたキャナルはラーメンスタジアム。前回の試食会で2杯半平らげて、以降の仕事が使い物にならなかったため今回は控えめに行こうと固く決心。
選んだのは金沢の「神仙」。生粋の博多生まれの店主が北陸でその味を認められたという、こってり濃厚の豚骨醤油味です。いやいや、本当に濃い。ちなみにオープンは明日、9月14日。
d0159829_16152231.jpg

とはいえ1杯だから、お腹がすかないようにスープを結構飲み干しました。
すると、広報さんが「2杯目行きます?」。先に言ってよ〜、そうしたらスープセーブしたのに。
d0159829_16153230.jpg

2軒目に選んだのは9月7日に既にオープンしている「札幌 みその」。正統派の札幌味噌ラーメンは結構あっさり。どうやら先ほどの濃厚中華そばに胃袋が進化したか? それにしても2杯目でもおいしく食べられるのは味か? 自分の胃袋も前回より進化したのか? そうか前回はさらに3軒目半分食べたもんなあ。
d0159829_16154128.jpg

それでもやはり完食。「2軒目にみそラーメン選ぶ人、そうはいませんよ」と広報さん。だから、最初に2軒行っていいって聞いてたら、先に味噌行きますよって話です。
d0159829_16154978.jpg



[PR]

by livifuku | 2012-09-13 16:31 | 編集こぼれ話

オープントップバス!   

2012年 09月 12日

残暑厳しい9月初め、街中で見かけて気になっていたオープントップバスの体験試乗会に参加してきました! 
d0159829_15553532.jpg

通常1500円のオープントップバスですが、この日は2500円の「体験チケット」なるものをモニタリング。これはオープントップバス(2コースから選べます)と西鉄フリーパス券、さらに福岡の街の魅力が詰まった「食」「観光」「体験」の中から(1000円コース分)好きなものを1つ選んで楽しめるという画期的なもの。街めぐりコースと「ラーメン&餃子作り体験」を堪能して参りました。
d0159829_155631.jpg

バスの座席の高さは歩行者用の信号機と同じ。日銀もこんな風に見えます。
d0159829_15562864.jpg

都市高速のゲートも間近に
d0159829_15565529.jpg

座高が高いので、頭ぶつけないかとひやひや。
d0159829_15571988.jpg

おっと、お隣の都市高速を走るトラック野郎の背中が丸見え
d0159829_15574029.jpg

作るのに夢中であまり写真を撮ってなかった、「ラーメン作り体験」。フリーパスを使って現地まで移動し、一風堂のチャイルドキッチンで体験。にょろにょろと出て来る麺に感動。パスタマシーンが欲しくなること必至です!
d0159829_1558278.jpg

同時に餃子も皮から作ります。二等分したはずの生地が少なく、みなさんに比べ明らかにみすぼらしいマイ餃子。「生地を恵んでください」と言えず、人知れず薄く伸ばしたおかげでひだを寄せる余裕すらありません。
d0159829_15582070.jpg

仕上げに湯切りも体験。一風堂特製のスープ、チャーシューを入れて出来上がり。これがびっくりなおいしさ! 「こりゃあ、ラーメン屋開けるんじゃね?」なんて邪な空想も頭をよぎります。ふふふ、肝心のスープをプロに作ってもらって何を言う!って感じです
d0159829_15583388.jpg

大方の予想通りのクオリティー。ほかの3人はそれはそれはきれいに焼けてました。先生も「これなら店に出しても遜色ないですよ」と太鼓判。しょぼん。「だから生地が…」

いつもと違う風景に興奮しきりのオープントップバスは、ガイドさんがちょくちょく挟む福岡トリビアネタにも「へえ〜」の連続。ただし、シミ・そばかすが気になる方は、かんかん照りの日は完全防備で!  ラーメン作り体験は楽しい上にお腹いっぱい、これで1000円とはかなり満足。子どもとか県外観光客はもちろん、地元っ子も楽しめること請け合いです。秋の行楽シーズンに友人を迎える予定のアナタ、「観光地としての福岡って行くとこないよね〜。太宰府、ドーム…う〜ん」と、ついつい考えがちなアナタ、一度体験してみませんか?  

[PR]

by livifuku | 2012-09-12 16:28 | 編集こぼれ話

9月9日は重陽の節句  <城クマ子>   

2012年 09月 07日

9月9日は「重陽の節句」です。9月8日号で、「家族の歳時記」と題し、紹介しています。
d0159829_1354424.jpg

今回は、室礼三千の宮田由美子さんに、別名「菊の節句」ともいわれる行事にちなみ、菊の花を使った室礼を教えていただきました。
スプレー菊をまるくアレンジ。まるでデコレーションケーキのようなかわいらしいアレンジです。

d0159829_1410357.jpg

菊の花に綿をかぶせ、翌朝、夜露と花の香りがしみこんだ綿で顔や体を拭い、若く美しくいられるよう願うという「菊の被綿(きせわた)」を表現。菊の花は、9月9日にちなみ、9本いけました。
d0159829_13571296.jpg

菊の花びらを浮かべた菊酒は、長寿をもたらすといわれているそうです。
d0159829_1358745.jpg

菊の花をかたどった和菓子を飾るのもいいですね。
d0159829_1404133.jpg

2面では、料理家の井口和泉さんに、秋の食材を使ったメニューを作っていただきました。
重陽の節句に、栗ごはんを作って祝う地域もあるということで、栗を使ったパエリア。
食用菊を、菊酒、スープ、サラダにあしらいました。
d0159829_144790.jpg

菊酒は、ワイングラスにいれるのもすてき。日本酒はもちろん、白ワインに浮かべるのもいいですね。
d0159829_1445618.jpg


新暦に変わり、五節句の中でもあまりなじみのないものとなってしまいましたが、長寿を願うめでたい行事です。
今年の9月9日は日曜日。家族そろって、節句を祝ってみてはいかがでしょう。
d0159829_13585042.jpg

私も重陽の室礼に挑戦してみました。菊を2種類だけにしたので、ちょっと地味。何種類か使ったほうが華やかですね。菊の花の形のお菓子と甘栗を飾ってみました。
d0159829_13125196.jpg

紙面はこちらから読むことができます。→ぱらぱらリビング9月8日

[PR]

by livifuku | 2012-09-07 13:52 | 編集こぼれ話

さて、どこでしょう?   

2012年 09月 07日

ちょっと古い話になりますが、お盆休みの内2日間はTVドラマ「BOSS」と「BOSS2」の一挙放送を見ることに費やした女・ぎりこです。
しかもCMなしの放送でしたので、ほぼ10時間以上テレビの前にいました。一挙放送は危険ですね。
やらなければいけないことは沢山あったはずなのに…!!



ところで、先日、10月6日号掲載予定の「福岡食卓の名脇役 食べてみらんね」の取材に行ってきました。

今回の取材先は、筑紫野市の某所。

運転免許を持たない私は、公共交通機関をフル活用して移動します。
遠方の場合、心配なのがバスの本数。しっかり時間を調整しなければ、次のバスまで1時間空いたり、帰りのバスがなかったり…と、ドキドキものです(帰りのバスがないパターンは結構多いのです)。

天神の本社から二日市まで電車で行き、バスに乗車。
ほぼ貸切状態のバスに揺られながら、ちょっとした日帰り旅行気分を楽しむこと約30分。

緑あふれる、取材先近辺に到着!

d0159829_115524.jpg
d0159829_1161182.jpg


思わず「山よ山よー♪」と歌いたくなるのをこらえ、取材先へ。

取材先では、初めて目にする製造風景などに、驚きの連続でした。
商品を作っていらっしゃる方に、商品に対する熱い思いも沢山聞かせて頂き、すっかりその商品のファンになりました。

さて、その商品とは…?
答えは、10月6日号(予定)のリビング福岡で!
どうぞ、お楽しみに〜
[PR]

by livifuku | 2012-09-07 11:17 | 雑記