<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

これって当たり? <Mitsu>   

2013年 05月 30日

こんにちは~
今年は早く梅雨入りしましたね。
じめじめの季節になると髪の毛がうねるMitsuです。


編集部には、毎日大量の郵便物とFAXが届きます。
開封&仕分けをしていると見つけたんです。

発見すると幸せな気持ちになれる、ラッキーレアアイテム(デザイン)。
よくありますよね。カールおじさんの形をしたカール、
ハート形のピノやパックンチョなど…
あれぢゃないかと思うんです(勝手な想像)。

ブログを見てくださっているみなさんだけに、こそっと(?)紹介しちゃいます。

7月9日(火)から九州国立博物館で開催される
特別展「中国王朝の至宝」のパンフレット。
封筒には5枚入っており、そのうちの4枚はこれ↓
d0159829_13383057.jpg


そして、ラッキーレアデザイン(勝手に命名)がこれ↓
d0159829_13401020.jpg

正面を向いていたのに、1枚だけあっち向いちゃった!!!!

これって、ラッキーレアアイテムのひとつですよね?
何か情報をご存じの方はぜひご一報ください♪
[PR]

by LIVIFUKU | 2013-05-30 13:48 | 雑記

せめてもうちょっとおしゃれに暮らしたい<箱女>   

2013年 05月 27日

こんにちは。
リビング福岡編集の、洋服に微妙なあだ名を付けられるスタッフ、箱女です。



本人は、いたってふつうに「おしゃれに見えたい」、ただそれだけなのですが、
買ったばっかりの服や勝負服に限って
「アルプス工業」
「邪(よこしま)」
「ホルスタイン」
「美川○一(書けません)」
「金○日(とても書けません)」
「相撲」
「肩もっこり」
…と、「きっと褒められてないんだろうな」というあだ名を付けられます。
ちなみに今日は「肩もっこり」のトップスと、「邪」のボトムスの組み合わせです。
心が黒くて、もっこり。


話は変わりますが、今日はまた「お片付け本」を買ってしまいました。
というのも、私は家の片づけがとても下手で、家庭内がカオスと化しているのです。
やんちゃ盛りの子どもたちのせいではなさそうです。
夫がリビングに脱ぎ捨てる靴下のせいでもなさそうです。

なので、日頃のストレスは、もっぱら散らかった部屋。
「片づけ上手奥様」(仮、こんな本ないですよ)みたいな本が書店にならんでいると、
つい反射的に買ってしまうのです。

すっきり片付いたおうちの写真を眺めていたら、すっかりいい気分になってしまって
我が家に何一つ適用させることもないまま、本は、カオスのどこかへ消えてゆきます。

恥ずかしながら、我が家のカオスにはこれ系だけで20冊くらいが存在しているでしょうか。

1冊でもいいからきちんと成し遂げればいいんですけどね。わかってるんです。


以上、おしゃれに暮らしたい私の愚痴願いでした。


※文章とは関係ありませんが、おしゃれだった田主丸のカフェー
d0159829_15514188.jpg

[PR]

by livifuku | 2013-05-27 16:09

藤は日本一の花   

2013年 05月 22日

いまさらですが、ゴールデンウイークに北九州の河内藤園に藤を見に行ってきました。
噂はかねがね伺っておりましたが、想像以上の美しさにもうびっくり!
d0159829_16591220.jpg

もともと数ある花の中でも一番好きな花が藤と公言してはばからない(誰にも影響はありませんが)私にとって、垂涎もののスポットでした。

車を降りた途端に一気に鼻腔を占拠する、あの独特なグレープ臭。嗅覚は不思議です。口の中が一気に甘くなります。でっかいスズメバチを視界の片隅に捉えながらも、頑張って花の中に入り込んで夢中で激写。

d0159829_16585227.jpg

広大な敷地の中には、さまざまな風情を持つ藤がみっしりびっしり。こちらは「新緑と藤」。ひんやりとした印象の紅葉の新緑とのコントラストが絶品です。

d0159829_16592877.jpg

藤の滝に打たれて合掌。紅天女ならぬ紫天女現る。マヤ、負けなくてよ!


[PR]

by livifuku | 2013-05-22 17:20 | 雑記

いとゴンと船に乗る、の巻   

2013年 05月 20日

こんにちは。巻きリョーシカです。


実はわたくし、大きくて丸々してて、ポテポテと歩く生き物を見ると、
ハーメルンの笛吹きばりに、うっとりと付いて行ってしまう習性があります。大好物は、もちろん、ゆるキャラ。

今年の4月からリビング福岡では福岡のいろんな面白ネタ、お役立ちネタを紹介する「ラビング福岡」というコーナーが始まりました。
その中でも、巻きリョーシカ的にオススメなのは、もちろん「ご当地キャラと行く タウンなページ」! 
月1回の連載ですが、福岡のいろんなご当地キャラに、地元オススメスポットを教えてもらうコーナーです。


わたくし、少し前になりますが、糸島の「いとゴン」に会ってきました!やった〜やった〜! ゆーるーキャーラー!

いとゴンは糸島市のご当地キャラ。
糸島半島をよく見ると竜の形をしていることから、
「いとしま」と「ドラゴン」をかけて、その名も「いとゴン」。
そんな、いとゴンのお家は、国の天然記念物「芥屋の大門」なんです。

d0159829_1265665.jpg
というわけで。
突撃!いとゴンの実家!!

海に突き出した不思議なカタチの岩でできた芥屋の大門まで、定期遊覧船に乗って行ってきましたよー。

いとゴンは竜の子どもですから、普段は船には乗りませんが、この日は、取材に付き合ってもらって船でお家に案内してもらいました。



意気揚々と水平線を見つめるいとゴン。
d0159829_12135016.jpg



向かった先には……
どど〜ん!

d0159829_12152035.jpg
大迫力の「芥屋の大門」です。日本三大玄武洞の中でも最大と言われており、玄武岩が六角形や八角形の柱状節理(ちゅうじょうせつり)をなして、まさに大自然が生み出すアート。


「どう?ぼくんち」
いとゴンも、自慢げです。
d0159829_12173055.jpg


そんないとゴンの後ろでは
……ざばーん!
d0159829_12191643.jpg


この日は、波が少し高かったので外からだけの見学でしたが、
凪いでいる日は、船で洞窟の入口まではいり、柱状節理に直接触れることもできるそうです。4月〜11月まで芥屋から出ている定期遊覧船に乗れば、みなさんも、いとゴンの家を見に行けますよ。

いとゴンは船長とも仲良し♪
(いつもは、いとゴンは乗っていません。あしからず…)
d0159829_1225029.jpg



糸島の街の人にも大人気のいとゴン。
猫もすっかり慣れてます(笑)
d0159829_12262477.jpg



この日はとってもお天気が良くて、いとゴンも暑かったはず。でもくじけず元気に、糸島を案内してくれました。颯爽と去って行く、いとゴンの後ろ姿にほれぼれした、巻きリョーシカなのでした。
d0159829_1230764.jpg

頑張り屋さんのいとゴンは、今日もどこかに出没中!?  
いとゴンのHPでは、いとゴンのスケジュールや日記も見れますよー。
ハロー! いとゴン


リビング福岡5月11日号でも、いとゴンが糸島を頑張ってPRしてくれました。リビング福岡のバックナンバーは、ぱらぱらリビングで!
リビング福岡バックナンバー「ぱらぱらリビング」
[PR]

by livifuku | 2013-05-20 12:47 | 編集こぼれ話

イタリアワイン好きなら<unico>   

2013年 05月 19日

こんにちは。unicoです。
「継続は力なり」というのはよく言ったもので、
継続するには力がいりますよね…。ブログもFBも…。

それはさておき、ワインが大好きな方、イタリアが大好きな方へ耳寄りなお知らせ。
イタリアワイン祭りが、6/16(日)に開催されますよ。
人気のイタリア料理店や酒屋さんが共同でイタリアワインの魅力をもっと広めようと
協力して行う、福岡で初めてのイベントです。

イタリアの全20州から約200種のワインが大集合!
入場券+試飲チケット12枚で4000円。
ワイン好きなお父さんやダンナさんへの父の日のプレゼントにいかがですか。
そんなのもったいない、自分で飲みたいわ、という方もぜひ〜

詳しくはこちら。
http://www.vinofukuoka.com/

ちなみにunicoは、横文字に弱いのでワインの名前をさっぱり覚えられず、
2度と同じものを飲めませんが…
赤でも白でも何でもおいしけりゃいいのよ〜。


[PR]

by livifuku | 2013-05-19 11:52 | イベント

あのイケメン俳優もハマった〝ぬか床〟!始めませんか〜   

2013年 05月 15日

今週配布の5/11号リビング福岡の1・2面で、「ぬか床の作り方」を紹介しています。
何回…いえいえ何十回もぬか床づくりを断念した私が、取材からまたまた始めちゃいました。
取材のお蔭で基本が分かり、今回は楽しく続いています!!

数日前、俳優の三浦春馬クンが「ぬか床にハマってます。ペットを飼ってるみたいで、楽しいで〜す」と言ってましたよ。
分かる〜、まさしくそのと〜り!!
一生懸命、おいしい漬け物を作ってくれ、私達の体を元気にしてくれるぬか床が、なんだか可愛く思えてくるんです!!
皆さんもぜひお試しを。

正直、どうなってるかなぁと、ちょこっと気にかけてやることは必要ですが、それさえ怠らなければOK。
どうやったら失敗するの?と思えるほどカンタンです。
断念した私の過去を振り返ると…発酵食品は、腐っているのと紙一重的な部分があるので、長く使ってないと気持ち悪くなって捨ててしまうんですね。
産膜酵母(紙面に写真を載せてます)とカビの違いをしっかり把握していれば大丈夫です。

私がぬか床をお薦めしたい大きな理由のひとつは…
植物性乳酸菌は強く、日本人の長い腸の中でも活発に動いてくれるとか。
それを知って、頑固な便秘に悩む姉に早速、薦めました。
面倒くさがりの姉…続かないだろうなぁと思っていたら、なんと!!せっせせっせとぬか床ライフを続けています。
うちの姉ができるなら、できない人はいない(笑)
皆さんも怖がらず、自信をもって、日本が誇る〝ぬか床ライフ〟を始めてください。
皆で元気になりましょう!!

[PR]

by livifuku | 2013-05-15 19:06