新島八重さんがリビングにやってきた!<箱女U>   

2013年 03月 11日

大河ドラマ「八重の桜」の題材にもなり、注目を集めている福島うまれの新島八重。
先日、福岡へ来ていた観光PR隊「ふくしま八重隊」の皆さんが、リビングを訪ねてくださいました。

d0159829_12252524.jpg

※左から、日向ユキさん、山本覚馬さん、山本八重さん、白雪さん(妖精!)

八重さんや覚馬さん、ユキさんって、一体どんな方なんでしょう?  ご本人(?)に、聞いてみました


山本八重(会津若松時代の若い八重)
「八重は、弟の三郎のために命をかけて戦う、幕末のジャンヌダルク。信念や希望、夢を片時も見失う事なく前向きに生きる女性。今、福島で頑張る人々と重なるところがあるかもしれません」

山本覚馬(八重の兄)
「覚馬は、文武両道のまさにスーパーマン。視力を失いますが、夢を持って前向きに生きて行く姿に力をもらえるはずです」

日向ユキ(八重の幼なじみ)
「どんな逆境でも常に諦めず、前向きに生きた女性です」

なるほど〜。

「福島は、今、世界的に注目されています。これをチャンスに転換するためにも、私たちを通して元気を感じ取っていただけるように頑張りたい」と覚馬さん。
その後、リビングのオフィスの社員うん十人の前で、ミュージカル仕立てのダンスパフォーマンスを披露してくれました。
パフォーマンスは迫力いっぱい!  短い時間でしたが、熱い想いがぐいぐい伝わってきました。

福岡にいる私たちが福島を応援しなきゃ!という想いでお会いしたはずなのに、逆に元気をもらってしまいました。

d0159829_12285562.jpg

※狭いオフィスなのでこんな写真ですみません


東日本大震災から今日で2年。
ありのままの被災地を、今、見ておこうという「教育旅行」を修学旅行に代えて行う学校も各地に出てきているそうです。
被災地を見ることに限らず、自然や人や文化にふれあいに東北へ旅をすることは、復興支援につながります。
九州から東北に旅をすることで復興支援を、という「東北・九州 旅の架け橋プロジェクト」も組まれていて、八重さんたちが来福したのもその一環。
「ふくしま八重隊」のこれからの活躍に注目ですね。
フェイスブックの「ふくしま八重隊」ページも楽しいので、ぜひチェックしてくださいね。
[PR]

by livifuku | 2013-03-11 11:08

<< 〝さがほのか〟のバースデーイベ... お菓子大好きぃぃ!! ひろし... >>